トップページ | 手帳に書いている事 »

2008 手帳

皆さんはどんな手帳をお使いですか?
2007年も終わりに近づき、手帳を選んでいる方もみえるかと思います。もう買いましたか?
私は2007年に引き続き2008年も佐々木かをり氏のアクションプランナーを使うことにしました。
この手帳最初は上手く使いこなせなかったのですが、1年経った今、ようやく自分のものになってきました。
それでも不満がないわけではなく、
2008年の手帳選びをしたのですが、結局アクションプランナーを再び使うことに決めました。
この手帳はA5サイズで、バーチカルタイプのものです。
時間を点ではなく面で可視化する手帳です。
まず手帳のサイズとしてはA5サイズなので持ち運びにはやや大きめです。
ただバーチカルタイプでこれ以下のサイズのものになると、スケジュールが書き込みにくくなるので、このサイズが必要になってきます。
後、メモ欄やToDoリスト欄が少ない、もしくはないです。
アクションプランナーの使い方でToDoはあくまで時間軸で管理するので直接にスケジュール欄に書き込みます。
不満の一つの自由に書けるところが少ないことと、年度に関係なく使いたかった為、2008年に向けてバイブルサイズのシステム手帳を買いました。(Bindexのアシストタイプ
こちらはスケジュールではなく、メモ、記録をつけていくために買いました。
書くためシステム手帳という文句に打たれ、Webで買いました。
しかし中のレフィルはバイブルサイズなのですが、システム手帳そのものは大きかったです。
縦はA
5サイズです。もっと大きさを確認すればよかった。
後、色も予想に反していました。もっと淡い青色だと思っていましたが、結構はっきりした青色でした。
もちろんもったいないので使い始めていますが、大きいし重いです。
やはり手にとって選んだほうがいいものも中にはあります。
以上、2008年はこの2つのアナログ手帳を使っていきます。
後、私はデジタルでの時間記録管理も行っています。
それについても後々に書いていくつもりです。

佐々木かをりの手帳術 Book 佐々木かをりの手帳術

著者:佐々木 かをり
販売元:日本能率協会マネジメントセンター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アクションプランナーの使い方は佐々木かをり氏の本を参考にするといいと思います。

|

トップページ | 手帳に書いている事 »

手帳・時間管理術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008 手帳:

トップページ | 手帳に書いている事 »