« 情報収集 | トップページ | 新・知的生産術 »

楽天

この前、TV番組カンブリア宮殿で楽天の三木谷社長が出ていた。
新球団設立時には何となく、ライブドア 元社長の堀江氏を応援していた所もあったが、今ではかなりの明暗が出た。
そんな楽天の成長と成功を描いた本が「成功のコンセプト」である。

成功のコンセプト Book 成功のコンセプト

著者:三木谷 浩史
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その中に書かれている5つの成功のコンセプトが
常に改善、常に前進
Professionalismの徹底
仮説→実行→検証→仕組化
顧客満足の最大化
スピード スピード スピード

この中で特に気になるのが
仮説→実行→検証→仕組化である。
様々な業種などでこの試みは行われていると思う。
ただ多くの人は決められた事を実行することは出来るのだが、仮説、検証、仕組化はなかなかできないようである。スタートの仮説が立てられない人が多い。
近年、私の属する調剤薬局業界も今非常に厳しい状況で、コスト削減・適正化、効率化、IT化、自動化、人の多機能化など改善に切磋琢磨しています。
が、薬事法などの法的問題もあり、なかなか思うようにすすまないのが現状です。
改善の思考のプロセスで、やはり上記の一連の流れを試みるのですがなかなか上手く最初の仮説を立てられないのが現状です。
仮説の立てる上での参考の書籍が「仮説思考」です。

仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 Book 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法

著者:内田 和成
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これも以前に読んだ本ですが、もう一度本棚から出してきて読み直そうかなと思います。
話は大分それましたが、カンブリア宮殿で紹介されていた楽天の会社の模様はすごく社員のモチベーションも高く、またそのモチベーションを創り出す会社の環境整備が出来ているなぁと感じました。

|

« 情報収集 | トップページ | 新・知的生産術 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天:

« 情報収集 | トップページ | 新・知的生産術 »