« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の14件の記事

「数字力」養成講座

ビジネスマンのための「数字力」養成講座 Book ビジネスマンのための「数字力」養成講座

著者:小宮 一慶
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は数字の見方、扱い方の基本を身につけることができる書籍です。
数字力の定義は本書では次のように書かれています。
(引用)
1 把握力・・・・・・全体を把握する力
2 具体化力・・・・具体的に物事を考える力(これは発想力にもつながります)
3 目標達成力・・目標を達成する力
の三つが身につくことだと思っています。

内容は非常にわかりやすく書かれています。
本書を読むと数字に興味が湧いてきます。

山田真哉さんのこのシリーズもやはり数字に興味がわく内容になっています。
両者の視点は似たところもあります。
さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)

「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本 Book 「1秒!」で財務諸表を読む方法―仕事に使える会計知識が身につく本

著者:小宮 一慶
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上記と同じ著者ですが、この本はもう少し専門的になってきます。
私もまだ途中読みです。
この手の会計の本は読むのに時間がかかってしまいます。
色々、会計の本を読んで理解しているつもりでも
応用がきかないので
常に新しい内容に感じてしまう始末です。

何とか会計に強くなれませんかね~coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての課長の教科書

はじめての課長の教科書 Book はじめての課長の教科書

著者:酒井穣
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は以前にリアル書店でチラ見をしていたが、あまり興味がわかなく買わなかった本です。
が、アマゾンの書評で高評価を受けていたし、売れていたので気にはなっていたのです。
そこにきて影響力の高い書評のブロガー小飼弾さん、
「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー の著者で元アマゾンカリスマバイヤー、
現ブックコンサルタントの土井英司さんの強力な推薦もあったので、
書店に走り買いました。
教科書というだけに内容はかなり硬派です。
中間管理職である課長にスポットをあてたというところが今までにない切り口なのですが、
パッと読みでは内容が把握できませんでした。
ちょっと読みがたりないのでしょうか?

ついでといってはなんですが、もう一冊硬派なものを紹介します。

打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705) Book 打たれ強くなるための読書術 (ちくま新書 705)

著者:東郷 雄二
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはタイトルだけ見てWebで買いました。
これもパラッとすぐに読めるかなと思いましたが、内容が意外に濃かった一冊です。
読書をもう一度見直すために心して読むといいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事の5力

仕事の「5力」 Book 仕事の「5力」

著者:白潟 敏朗
販売元:中経出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

仕事の5力(ごぢから)
できる人が必ず持っている「5つの基礎力」
本書では
1.聴く力
2.考える力
3.話す力
4.書く力
5.時間力
のことをさしています。
この5力が簡単に身について、らくらく継続できて、
みるみる成長できるシンプルな仕掛けが書かれています。

部分部分は非常に参考になることも書かれていますが、
非常に文面にダジャレの部分が多いです。
多分、この文章駄目な人は駄目だと思います。
わかりやすくという点でこのような書き方になっていると思うのですが、
もっとビッシッとした文章でもいいような気がしますが・・・

実際に使えるシートも添付されていますので、すぐに実行に移せるのは良い点です。

私は考える力、書く力の部分で使ってみようと思うところがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報は1冊のノートにまとめなさい

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 Book 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

著者:奥野 宣之
販売元:ナナ・コーポレート・コミュニケーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まず、この本の表紙がなんかかわいい。
ノートの図柄をそのまま書籍のデザインにしています。
写真を載せておきます。
006_2 003

なかなかしゃれてしますね。
で、内容は100円ノートで情報を一元管理するローテク知的生産術。
A6のノートに自分のスケジュールやメモ、情報を一つにまとめる方法が書かれています。
中盤以降はアイデアの出し方なども書かれており、ノート術だけにはとどまりません。
本書がデビュー作だそうですが、なかなか面白い仕上がりになっています。
普段、手帳などでうまく情報を管理されている方はすべてをこの著者のようにノートに
変えることはできないと思いますが、部分的にも取り入れたいところがいくつかありました。
ノートに資料や領収証などを貼っていきます。とりあえずここにすべての情報を集めるのです。
そうなってくるとノートはすぐにいっぱいになりますが、何しろ100円ノートですから
次々に新しいノートに変えていきます。
と、そこで思うことは、どうやって後々そこから必要な情報を見つけ出すかですが、
それについてももちろん書かれています。
検索はパソコンを使います。
アナログなノートとデジタルなPCとの使い方がうまくシンクロしています。

情報をうまくまとめきれなくて困っている方は一度読んでみると参考になるところがあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び 「仕組み」仕事術 

「仕組み」仕事術の著者 泉正人さんから前回の書籍紹介に対して
コメントを頂きました。

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 Book 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

著者:泉 正人
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

コメントの方を引用させてもらいます。

はじめまして。
『「仕組み」仕事術』著者の泉です。
すばらしい書評ありがとうございます。
誰でも使えるチェックリストを作るのがポイントですが
PCの買い換えは、本質ではないので、
真似されなくてもいいと思います(笑)
今後ともよろしくお願いします

コメント、ありがとうございました。

「仕組み」仕事術は、今、二度目の読みを終えようとしています。
私の読書法は、まず一度目は全体をさーっと流して読んでいきます。
そして重要な部分や気になった言葉などには線を引いていきます。
俯瞰読書法とでもいうのでしょうか。
この読み方だと約一時間ほどで読めるビジネス書が多いです。
あまり自分に合わなかった本はここで終了です。
線が多く引かれた書籍はもう一度少し間をおいて読みに入ります。
二度目は線を引いたところを中心に理解度を上げながら読みます。
そして最終的に気になった部分は
PCの方に入力していつでもピックアップできるようにしています。

レバレッジ・リーディング Book レバレッジ・リーディング

著者:本田 直之
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


本田直之さん著書「レバレッジリーディング」でいうところのレバレッジメモにあたります。
レバレッジメモによるアウトプットでさらに内容を自分のものできればと思っています。

泉正人さんの日記ブログからトラックバックをつけてもらっていますが
こちらにもブログのリンクを貼っておきますので興味のある方はブックマークしてみてはいかがですか。
ファイナンシャルブログ 日本人みんなで、経済的に HAPPY になる!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「仕組み」仕事術

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術 Book 最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術

著者:泉 正人
販売元:ディスカヴァー・トゥエンティワン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まずタイトルからそそられます。この手の本は好きですから・・・coldsweats01
さらに帯の部分には「レバレッジ」シリーズ著者本田直之氏の推薦もあり、買っちゃいますよねflair

で、内容は著者ご自身の会社での仕組み化を例に書かれています。
これもあっという間に読めてしまう本です。
とにかく業務には詳細なチェックシートを作り、誰もが考えることなく、その業務を自然に終えてしまう仕組みが作られています。
あとTo  Doリストの効果的な使い方なども書かれています。
本田氏推薦ということもあり、レバレッジシリーズでも同じような方法が書かれています。
この二人はきっと相通じるところがあるのでしょう。

著者は1年に2回はノートPCを変えるそうです。重くなったPCの処理にかかる時間がもったいないとのことで・・・・
これは一元管理のコツで著者は一台のPCを仕事場、自宅、出先でとことん使うそうです。
「」内引用
「PCの動きが遅くなったことで失われる時間よりも、それを買い換える20万円の方が安いと考えるからです。私にとって、PCは消耗品なのです。」

勝間和代さん、本田直之さん、小山龍介さん、いずれも同じようなことを本で書かれています。

確かにわかるのですが、今の私にはまだマネできません。coldsweats02

| | コメント (1) | トラックバック (1)

ノイズキャンセリングヘッドホン

最近気になっているものにノイズキャンセリング機能付ヘッドホンがある。
以前紹介した本のSTUDY HACKS! の中にも登場しています。
ヘッドホンで「別荘」を手に入れるというハックです。
ノイズキャンセリングヘッドホンの仕組みは、外のノイズと反対の波長を出すことによって、
騒音を打ち消すというもので、音楽を聴く場合はよりクリアに聴けて、
音楽を流さなければ無音の空間を手に入れることができます。
ちなみにSTUDY HACKS! で紹介されていた著者:小山龍介さんのお気に入りノイズキャンセリング機能付ヘッドホンは
BOSE Quiet Comfort 3です。約5万円のヘッドホンです。

飛行機内が茶室のような静けさに・・・BOSEノイズキャンセリングヘッドフォン【新製品】Bose Quiet Comfort 3 飛行機内が茶室のような静けさに・・・BOSEノイズキャンセリングヘッドフォン【新製品】Bose Quiet Comfort 3

販売元:TSTAR
楽天市場で詳細を確認する

これはBOSEのダイレクト販売限定商品になっています。
ただ、5万円近いヘッドホンはもちろん性能はいいのでしょうが、
私にはまだ買う勇気もお金もありません。

今、候補にあがっているのが二つほどあります。
パイオニアとビクターのノイズキャンセリング機能付ヘッドホンです。
パイオニアの「SE-MJ7NS」
ビクター「HP-NC80」

Victor ノイズキャンセリングヘッドホン [HP-NC80] CE Victor ノイズキャンセリングヘッドホン [HP-NC80]

販売元:ビクター
発売日:2006/11/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する


レビューはリンク先のITmediaに詳しく書かれています。
価格も5,6千円と現実的です。
今のところ、パイオニアのを買おうかと思っています。
(すいませんパイオニアのヘッドホンの写真なしです)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

社長の時間の使い方

儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方 Book 儲かる会社にすぐ変わる! 社長の時間の使い方

著者:吉澤 大
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まだ、読み始めたばかりなのですが,気になる法則があったので紹介したいです。
この本の前半部分に「パーキンソンの法則」というのがあります。
Wikipediaへのリンクを貼っておきましたが、本文からも引用します。(色文字部分引用)

これは、「仕事の量は、完成のために与えられた時間の限界まで膨張する」という法則です(第一法則)。
いくら大きめの倉庫を借りたとしても、気がつくとなぜか倉庫が在庫でいっぱいになっているのに似ています。
この法則は、特に官僚組織や間接部門でよく見られますが、「人は時間に余裕があると、その時間数に合った業務処理スタイルに変えてしまう」のです。
(略)
仮に、この「パーキンソンの法則」が働いたとしても、閑散期に非効率な作業が行われるだけですむ気がしませんか。
しかし、現実には、その非効率なスタイルによる処理能力が固定化されたまま繁忙期に突入します。
すると、「今の人員では繁忙期の作業量をこなすことができず、さらに増員の必要性が生まれる」という悪循環を繰り返し、
気がついた時には、ものすごく効率の悪い組織ができあがるのです。

かなりの現場で起きている問題ではないでしょうか。
生産性がいっこうに上がらない原因の一つでもあるのでしょう。

一見パッチワーク的な対応のほうが結果的には組織効率を向上させることも多いわけです。

作業効率を見直す以前に人員や設備の増強が行われ、全体として時間効率の悪い組織ができあがってしまいがちなのです。

タイトルどうり社長の本なのですが、中身はなかなかおもしろそうです。
また、全部読んだら感想などを書きたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

THE NORTH FACE

THE NORTH FACEはアメリカのアウトドアブランドである。
最近、ここのサングラスを見ないがもう無くなってしまったのだろうか?
Webサイトでも見当たらない。
ノースフェイスWebサイトhttp://outdoorstyle.jp/shop/u_page/tnftop.aspx

私がもっているのはTHIN AIRというサングラスです。
004 005
かなりごついサングラスです。
カタログより
これは高峰や極地への遠征用に開発されたアイウェア。
標高が上がるにつれて増加する紫外線を確実にブロックします。
アスリートによる実地テストを繰り返すことで最高水準の軽量性、フィット感を実現しました。

006_2

こんなふうに各パーツごとに分解できます。

001 002

これはサングラスが入っていた箱です。箱の裏の絵を見てもらうとわかりますが、
フレームの両末端からバンドが伸びてサングラスのフィットを高めるようにできています。
これはかなりすぐれものです。激しい動きにも耐えれますし。

当時のカタログをみてみたら値段は27000円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時間活用&手帳術

今日紹介する本はたまたま二冊とも時間活用の本です。

仕事が10倍速くなる! スピード手帳術 Book 仕事が10倍速くなる! スピード手帳術

著者:松本 幸夫
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ネットで中身を見ずにタイトルだけで買いました。
結構、基本的な事が主体です。
きっと知っていることの方が多い内容でした。
再確認の意味で読むにはいいかもしれません。
To Do リストに関連するところで参考になる部分がありました。

To Do リストを
年間→月間→週間→1日→スキマ時間(5分・10分用)
に分けて作る点です。

時間の全体展望ができるというのもいい点だと思いました。
一度試してみる価値があるかもしれませんが、ちょっとまどろっこしい気もします。

たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則 Book たったこれだけのことで!仕事力が3倍アップする時間活用法―やるべきタスクをらくらくこなすシンプルな原則

著者:水口 和彦
販売元:実務教育出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これまたネットで中身を見ずに購入。
すごく丁寧に時間管理の基本が書かれています。著者の真面目さがでているような本です。
と、言っても実際にはあったことありませんが・・・
時間管理の本を一冊という場合に読んでおいてもいいかもしれません。
著者のブログを紹介しておきます。
私もここのブログをGoogleリーダーに登録して読んでいます。
それからメールマガジンも登録しています。
これで実は本はいらないとも言えるのですけど、形あるものとして手元に置いておくのもありですね。
ブログ 時間管理術研究所http://jikan.livedoor.biz/
とても内容のこいブログサイトです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビジネスマンのための「儲かる発想」

マーケットと儲けのネタをヒモづけよう! ビジネスマンのための「儲かる発想」 (講談社BIZ) Book マーケットと儲けのネタをヒモづけよう! ビジネスマンのための「儲かる発想」 (講談社BIZ)

著者:鳥井 シンゴ
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

面白い本でした。著者はグラフィックデザイナー&発案家であります。
現在は鳥井シンゴデザイン事務所代表他数社の取締役、顧問を務めているそうです。
この方、身の回りから得られる「困ったな」「こうなればいいな」というものを
次々とアイデアに変えそれをビジネスに変えていきます。
アイデアビジネスで成功したいなら、
「誰もが損をしない仕組みを作ること」だそうです。
つまり相手が何を欲しがっているかを正確に理解する、これが始まりの考え方です。

149ページ程の薄い本ということもあり、一時間もかからず読めてしまうのですが、
内容は濃いですね。
こういった本を読みながら、自分の業界内の事や自分の状況を考えていると色々アイデアが浮かんできます。
自分自身の発案力を上げる添加剤のような本です。
この人はきっと地頭がいいんでしょうね。

以前に読んだこちら本も非常に面白い発想法が書かれた本でした。

頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ) Book 頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)

著者:坂本 桂一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本も自分の中の常識をくつがえしながら、新しい考え方に気づく本です。
こちらも合わせて読んでみるといいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ日手帳

年末に今年使う手帳を探していた時に「ほぼ日手帳」サイトをブックマークしていました。
http://www.1101.com/store/techo/index.html
この前何気なくここのサイトを見たら、ほぼ日手帳2008SPRING発売されていました。
で、なんやかんや見てるうちに「カートに入れる」をクリックshineして、いつの間にか購入してしまいました。coldsweats01
オー、オンラインショップおそるべしtyphoonこの手軽さが・・・

買ったのはキャラメル&カスタードのツートンカラーカバーのものですflair
Two_tone_ph03

ずーっとほぼ日手帳は気になってはいたのですが、アクションプランナーは使い慣れていることもあり、
迷ったあげく今年もアクションプランナーでいくことに決めた年末でした。
今回も特に不満があるわけではないのですが、新しい手帳を使うことで、
新しい考え方ができないかと思ったわけです。
すこしスランプぎみなので、何かを変えたかったというのもありましたflair
ほぼ日手帳の特徴はなんといっても一日一ページの記入欄があることです。
文庫サイズの大きさ、紙質などMONO好きをくすぐるところがある手帳です。

アクションプランナーでは一週間を俯瞰するにはとても素晴らしいのですが、
一ヶ月、一年を俯瞰するには難しいところがあります。
ほぼ日手帳だと年間インデックス、月間カレンダーがあるので、その点がいいかなと思い、
3月からはほぼ日手帳メインでいこうかと思って使い始めたのですが、
予定をいれる場所が複数存在するということが、逆にすごく使いにくいのです。
どこに、どの予定をどのようにいれたらいいか迷っていしまい、全部の箇所にいれてしまう。
これではまったくもって非効率です。
ということで、やはりアクションプランナーをメインで、ほぼ日手帳は使い方を探りながら、
とりあえずは日記代わりに使っていきたいと思います。

アクションプランナーにくらべるとほぼ日手帳は遊び心にあふれている感じがします。
アクションプランナーももう少し面白みがあるといいんだが・・・
基本的に英語表示が多すぎる。

と言いつつ、アクションプランナーは今のところ私にとってはベストな手帳です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本 2

すごい!整理術―ゴチャゴチャの机を「ビジネスの司令塔」に変える (PHPビジネス新書 50) すごい!整理術―ゴチャゴチャの机を「ビジネスの司令塔」に変える (PHPビジネス新書 50)

著者:坂戸 健司
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悪くはなかったのですが、ンー、どこかで読んだことばかりのような気がして・・・

実践 自分の小さな「箱」から脱出する方法 Book 実践 自分の小さな「箱」から脱出する方法

著者:アービンジャー・インスティチュート・ジャパン監修
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する


実践編ということで思わず買ってしまったのですが、買う必要はなかったかなぁ。
前作よりの抜粋と図解です。

STUDY HACKS! Book STUDY HACKS!

著者:小山 龍介
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ついにきた勉強ハック。前シリーズ(IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 TIME HACKS! )も面白かったですが、これも期待を裏切らずよかったです。
この著者の文面はいつもセンスがある。スマートでクールでかっこいい。
すごくモチベーションが上がります。
このシリーズの表紙や本の紙質、文のレイアウトなど、私は好きです。
STUDY HACKS!80 キャリアのブルーオーシャン戦略のところ参考になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近読んだ本 1

最近読んだ本をザザーっと紹介します。

「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い   禁じられた数字〈下〉 (光文社新書) Book 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書)

著者:山田 真哉
販売元:光文社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)
食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉
前2作の完結編です。書店でも平積みされていてよく売れていました。さすが。
1時間で読めるビジネス書という基準で書かれているので、前作含めて非常に読みやすいです。
で、気づいた方も見えるかもしれませんが、今回の本のタイトルが前作を思いっきり否定したタイトルになっているのが面白いです。
個人的には前2作の方が面白かったですが、3作通して読んでみるのもいいかもしれません。
何しろ三時間で読めますから。

本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1) Book 本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)

著者:成毛 眞
販売元:三笠書房

Amazon.co.jpで詳細を確認する

533円という安い本です。ただ、少し文面が品位に欠けるような気がしました。
内容はあらゆるところに本を置いておいて、同時進行で本を読んでいくというもの。
読書好きの人は結構無意識にこれやっていますよね。

プロの学び力 Book プロの学び力

著者:清水 久三子
販売元:東洋経済新報社

Amazon.co.jpで詳細を確認する

流行りの勉強法です。コンサルタントが書いた本なので期待しましたが、いまいち私には合いませんでした。
ただ、図解やチャートの使い方がうまい内容でした。
こちらでも本の並列読みを紹介していました。
この本では「パラレル読み」と名付けていました。

1日5分 頭がよくなる習慣 Book 1日5分 頭がよくなる習慣

著者:佐藤 伝
販売元:中経出版

Amazon.co.jpで詳細を確認する

これはちょっと変わった切り口の本です。
頭をよくする習慣を心、体などを使った方法を教えてくれます。
読んでみる価値ありかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »