« いま、すぐはじめる地頭力 | トップページ | 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 »

メモをどう処理するか?

この前、メモ術について記事memopencilにしました。
さて、このメモをどう処理しますか?

IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣 Book IDEA HACKS! 今日スグ役立つ仕事のコツと習慣

著者:原尻 淳一,小山 龍介
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この書籍では、「アイデアメモは一刻も早く捨てる」flairというハックがあります。

メモに書かれたアイデアを活用するためにも、メモを溜め込まず、活用して捨てる。
メモを捨てるためには、メモの内容をどこかに整理し直しておく必要がある。
整理する基本はノート。
メモに書きなぐったアイデアを、丁寧に書き直すだけでも、思考が整理され、アイデアに現実味が帯びてくる。
時間のない人は、メモをそのままノートに貼り付ける。

このようなことが書かれています。

メモをそのまま放っておくことはダメのようですね。

ノートの活用が必要になってくるわけです。

ここでまた書籍を一冊紹介。

STUDY HACKS! Book STUDY HACKS!

著者:小山 龍介
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これも上記と同じ著者のシリーズですが、
ここに「100円ノートを多機能ノートに変える」flairというハックがあります。

このアイデアは100円ノート超メモ術というサイトからのものです。
(リンク貼ってあるので一度見てください。単純な方法ですが、画期的にノートが変わります)

一瞬にしてメモを記入できるページが開くノートの作り方
書いたメモの検索するためのインデックス(見出し)の作り方

単純に多機能に変わります。

メモをそのままノートに貼り付ける場合には、ほぼ日手帳を使うのも一つの方法でしょう。
(私もこの4月始まりのほぼ日手帳を買ったという記事を書いたのですが、
結局今のところアクションプランナーとの併用はできず、ほぼ日手帳は眠っています。)

ほぼ日手帳は一日一ページの様式なので、メモを貼って整理するにはうってつけかも知れません。

とにかく情報をひとところへ、一元管理というのであれば、こちらの書籍が参考になると思います。

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 Book 情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」

著者:奥野 宣之
販売元:ナナ・コーポレート・コミュニケーション
Amazon.co.jpで詳細を確認する

当ブログでも紹介しましたが、いまだによく売れています。

この本ではA6ノートを一括して管理できるノートとして、書いたり、貼ったりしながら
一元管理するテクニックが書かれています。

ノートの中に必ずあるという安心感、探すという無駄な時間をなくす。

また、パソコンと連動させた検索の方法が書かれており、
自分の情報整理に困っている人には一読あるかと思います。

また検索機能を持たせる前提条件として、各書では時系列を基本にしています。

面倒なカテゴリ分けやノートの使い分けというものは一切せず、時系列のみで管理するというのが各書共通です。

一番すぐれたインデックスは「時間軸」

あとメモなどをノートに貼る際のノリは「貼ってはがせるスティック糊」が便利です。
こちらも情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」で紹介されていたので、
さっそく使いましたが、非常に便利でした。

 スコッチ はってはがせるスティックのり 7g

スコッチ はってはがせるスティックのり 7g
販売元:オフィス・デポ ジャパン
オフィス・デポ ジャパンで詳細を確認する

|

« いま、すぐはじめる地頭力 | トップページ | 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 »

仕事術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508708/21733651

この記事へのトラックバック一覧です: メモをどう処理するか?:

« いま、すぐはじめる地頭力 | トップページ | 勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践 »