« ほぼ日手帳2009COUSIN(カズン) | トップページ | 新規事業がうまくいかない理由 »

フォーカス・リーディング 「一冊10分」のスピードで、10倍効果を出すいいとこどり読書術

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 Book フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

著者:寺田 昌嗣
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

情報の波が次から次へと押し寄せている毎日。
インプットの素早さがそのままアウトプットの質にも繋がっていくこの頃。
そこで注目されているのが速読。
速読術に関する本やセミナーも多数あります。
本の帯にはこんな記述が
あの「キャンセル待ち」の人気講座がついに書籍になった!

フォーカス・リーディングでの読書の目的とは?
ビジネス力アップ、自身成長。
確かに私も本を読む目的に含まれている部分です。
しかし実際に成果に結びつく読書をしているのでしょうか?

本書より引用
世の中には、「本を読んだ先」にある目的を明確に意識し、
読書を「確かな成長」につなげている人と、
「本を読む」という作業だけに気を取られて、
「啓発された気分」と「高まっているイメージ」に浸かって時間を浪費している人とがいます。
私の知人には、せっせと本を読みながら、時間だけでなく品格まで失ってしまった悲しい人間もいます。

なかなか厳しい意見ですね、。事実ですけど・・・

で、それを回避する手段の一つがフォーカス・リーディング。
フォーカスがずれているから読書が無駄な浪費になってしまう。

副題で一冊10分のスピードで、10倍の成果を出す「いいとこどり」読書術とあります。

「読書にかけたコスト」のコストを「時間」ととらえ、「時間」を短くして、
なおかつ成果、効果を低下させない。
時間投資対効果を最大化する読書術。

この本の構成は理論編、鍛錬編、実践編となっており、
鍛錬編の項目には「体」「技」「心」を極めるというように
速読を体育会系のノリで身につけると表現しています。

つまりラクをして身につけるというものではなく、
練習をして身につけるものですので、
これを読めば速く本が読めるというものではありません。(当たり前ですけど)

速読はスポーツということで、呼吸法、目の鍛錬。
練習は必須になっています。
一朝一夕で身につくものでないところが真っ当な速読本なのではないでしょうか?
夢物語を読んでも夢で終わるだけですから・・・

鍛錬編は体を使って習得していくしかありません。

実践編で本からのアウトプットを促進する方法として、
アウトプットの内容を実際に自分のスケジュール帳などのToDo欄に
記入してしまうということが書かれています。

私も読んだ本の中から実際に自分が導入することなどを抜き出してリストアップすることはあります。
もう一歩先を行ってスケジュール帳に落とし込む方法というのは
高い確率でアウトプットを実行するには賢い方法です。

早速、これ導入します。

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 Book フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

著者:寺田 昌嗣
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ほぼ日手帳2009COUSIN(カズン) | トップページ | 新規事業がうまくいかない理由 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーカス・リーディング 「一冊10分」のスピードで、10倍効果を出すいいとこどり読書術:

« ほぼ日手帳2009COUSIN(カズン) | トップページ | 新規事業がうまくいかない理由 »