« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の7件の記事

「超]発想法

「超」発想法 (講談社文庫) Book 「超」発想法 (講談社文庫)

著者:野口 悠紀雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「超」整理手帳でおなじみの野口悠紀雄氏の書籍です。
本書は2000年3月に単行本で発売され、2006年6月に文庫として発売されたものです。

書籍からは離れますが、以前に「超」整理手帳を1年間だけ使ったことがあります。
私個人の感想としては、まず物理的に「超」整理手帳の大きさ(A4四つ折りサイズ)が合いませんでした。
ジャバラシートも使い勝手がイマイチでした。
手帳は使う人の目的などに左右されます。従って種類も多いわけです。
また同じ人が使うにしても、使う目的が変われば手帳も変わります。
私も「アクションプランナー」から「ほぼ日手帳」に変えました。
当ブログ関連記事http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/2009cousin_07e6.html

決して「超」整理手帳に対して批判的と言うわけではありません。
年毎に進化しているし、手帳カバーも充実しています。
文具オタクとしては一度は手を出したくなります。
今年はバーチカルタイプのシートもあるようです。

「超」整理手帳2009 (オレンジ) Book 「超」整理手帳2009 (オレンジ)

著者:野口 悠紀雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


「超」整理手帳のガイドブックとしてはこちらの書籍が参考になります。
図解「超」手帳法 Book 図解「超」手帳法

著者:野口 悠紀雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

このブログのテーマでもある知的生産術。
発想法に関連した書籍も何冊か紹介もしてきました。
著者によって意見が同一のものもあれば、見解が違うのもあります。

この「超」発想法ではまずKJ法に対しては凄く批判的です。
KJ法に関してはウキぺディアのリンクも貼っておきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/KJ%E6%B3%95
KJ法とはアイデア発想の手段の一つです。
1865年ごろ川喜田二郎氏が作った方法です。
こちらの書籍が参考になります。

発想法―創造性開発のために (中公新書 (136)) Book 発想法―創造性開発のために (中公新書 (136))

著者:川喜田 二郎
販売元:中央公論社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

概要はアイデアをカードにし、分類整理を行なうことで、
次のアイデアを出すというものです。

このアイデアをカードに書き出し様々な組み合わせを作っていく過程が著者は無駄だと述べています。
つまり頭の中でやっていることを外に出すことは、無駄な組み合わせを作ってしまい効率が下がるそうです。

もともと頭の中で無駄な組み合わせを削除しているのに、
それをあえて外に出し、また無意味な組み合わせを試みることが理解できないということだろうか。

アイデアを出す発想法としてのフレームワークはたくさんあり、
KJ法も必ずといって出てくる方法である。
私も何度か使ったことはある。
多くの組み合わせの中から新しいアイデアが出ないか試行錯誤した経験があるが、
よく考えてみると、それが使い物になった例がないことに気づく。

確かに著者の言っていることは正しいのかもしれない。
たくさんの組み合わせができることだけに満足していたのかもしれない。

本書の本題。「超」発想法の基本五原則。
第一原則
発想は、既存のアイデアの組み換えで生じる。模倣なくして創造なし。
第二原則
アイデアの組み換えは、頭の中で行なわれる。
第三原則
データを頭に詰め込む作業(勉強)がまず必要。
第四原則
環境が発想を左右する。
第五原則
強いモチベーションが必要。

第一原則は「アイデアの作り方」などでも有名な言葉です。(当ブログ内記事
第二原則はKJ法を否定する原則です。
第三原則は準備のないところからは何も出てこないという言葉に置き換えることもできます。

著者はよほどKJ法に引っかかる点があるようで、紙面もかなりさいています。
ですから読書後の印象としてはその部分がやたら頭に残ってしまいました。

そしてこの「超」発想法にも「無意識活動の重要性」が述べられている。
P74より引用
立花隆氏は、インプット(情報の収集など)とアウトプット(書くこと)の間は、
頭の中で無意識のうちに進められる操作であり、ブラックボックスだという。
考える素材を頭に詰め込んだら、あとは「頭の中の醗酵を待つ」のだという。
外山滋比古氏は、同じことを「寝かせる」と表現している。
ポイント
意識的な活動ののちに、無意識的な活動が生じる。
その結果が「啓示」となって現れる。

外山滋比古氏のことに関しては、当ブログで記事にしているので参考にしてもらいたい。

発想法に関するこの無意識の重要性に関してはまとめて記事にしてみる必要がありそうです。

野口悠紀雄氏の最新の書籍がこちらです。

超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー Book 超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー

著者:野口 悠紀雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


これは以前にミリオンセラーとなった「超」整理法の最新版です。
15年が経過して、世の中の状況・環境が一変して書き直す時が来たそうです。

リアル書店でパラ見しましたが、いまいち「買い」に至りませんでした。
世の中のライフハッカーが既に実践していることばかりのような気がしました。

グーグルのGmailの活用法、すべてのファイルをオンライン上の受信箱の中に置く等・・・。
新しさが感じられず、もう少し様子見です。

「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722)) Book 「知」のソフトウェア (講談社現代新書 (722))

著者:立花 隆
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫) Book 思考の整理学 (ちくま文庫) (ちくま文庫)

著者:外山 滋比古
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「超」発想法 (講談社文庫) Book 「超」発想法 (講談社文庫)

著者:野口 悠紀雄
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脳を活かす仕事術

脳を活かす仕事術 Book 脳を活かす仕事術

著者:茂木 健一郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

相変わらず茂木さんの著書は読みやすく、わかりやすいです。
TVでの活動・書籍・ブログなどでしか茂木さんのことは知りませんが、
私の好きな方の一人です。

今回は脳を活かす勉強法 の続編。
タイトルが仕事術ということで「どうアウトプットするか」がテーマです。

本書でも述べられていますが、今や情報は洪水のように押し寄せてきます。
インプット量が以前とは比べ物にならない程、増えています。
意識的にアウトプットをすることが必要になってきます。

(青色文字書籍より引用部分)

「脳を活かす仕事術」の神髄は、喜びの中で「脳の出力と入力のサイクルを回す」ことにほかなりません。

生命の輝きを放つための五つの行動
①クリエイティビティ(創造性)をもっていること
②セレンディピティ(偶然の幸福に出会う力)があること
③オプティミスト(楽天家)であること
④イノベーション(改革・革新)を忘れないこと

インプットして、さあアウトプット(実践・行動)となぜ事が進まないか。
脳の「感覚系の学習」と「運動系の学習」のバランスがとれていないのが、原因の一つだそうです。

「感覚系」・・・・五感を通して情報を受け取った時に、その処理や認知を行なう領域
「運動系」・・・・実際に手足や口などを動かすことを司る領域

「感覚系」→「入力」→「理解する」・・・・・「拡散」
「運動系」→「出力」→「実践する」・・・・・「収束」

運動系学習に関しては反復して鍛えるしかできないそうです。
ここがアウトプットが苦手な方が多い理由でしょう。

とにかく一度、具体的な形にして頭の中の情報を出力するのが大切です。

「頭の中の情報を出荷すること」
これにより
「その情報の価値を客観的に分析できる」
「感覚系と運動系の調和が図れる」

この情報を頭の中から外にだす例として
「他者との会話」をあげています。

脳の「出力」を高めるためには、脳に「入力」された感動した言葉、
役立ちそうな情報を、友人などに実際に話して「出力」することが大切です。
その結果、その言葉や情報が自分の血となり、肉となって整理されるのです。
これが、僕の仕事の極意、「脳の入力と出力のサイクルを回す」ということです。

第4章からは先にあげた「生命の輝きを放つための五つの行動」について書かれています。
第4章の
創造性は「経験×意欲+準備」で生まれる
は発想法・アイデアについて重要な部分になります。

「知的付加価値」「創造性」が重要な時代になりました。
当ブログでもこのあたりは一つのテーマとしています。

上記の公式の「準備」とは
日々の勉強、常に考え続ける、疑問を持ち続ける
この準備がないと「アイデアのひらめき」をキャッチできない。
この準備は必要不可欠の部分であって、
経験と意欲だけでは創造性を生み出すことはできないそうです。

あと重要な部分として、この章では「無意識の重要性」が書かれています。
以前に紹介したこちらの書籍にも同じようなことが述べられています。

知的生産のためのすごい!仕事術 (青春新書INTELLIGENCE 206) Book 知的生産のためのすごい!仕事術 (青春新書INTELLIGENCE 206)

著者:晴山 陽一
販売元:青春出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(当ブログ内記事)
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_7c42.html
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_8e14.html

この「無意識」というキーワードも知的生産を語る上で欠かせない部分のようです。

脳を活かす仕事術 Book 脳を活かす仕事術

著者:茂木 健一郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

脳を活かす勉強法 Book 脳を活かす勉強法

著者:茂木 健一郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上司のための戦略的ほめ方・叱り方

上司のための戦略的ほめ方・叱り方 [宝島社新書] (宝島社新書 278) Book 上司のための戦略的ほめ方・叱り方 [宝島社新書] (宝島社新書 278)

著者:石田淳
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

著者を語る上で欠かせないのが行動科学マネジメント。
本書ももちろんその流れをくみます。

行動科学マネジメントとは、簡単に言うと
目に見える行動に焦点をあてるマネジメント手法です。
やる気、本気、意志などの目に見えない部分の方法論ではありません。
目に見える行動を改善していく方法です。

本格的にはこちらの著書をお勧めします。

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント Book 短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

著者:石田 淳
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらはより深く理解できる内容になっています。
このブログでも以前に紹介しましたが、結構難しいです。

本書で興味を持った方はぜひ読んでみてください。

今回は上司のための「ほめ方」「叱り方」。
本書の「はじめに」で「ゆとり社員がやってきた!」とあります。
そうなんです。2008年は「ゆとり第一世代」の大卒社員が入社してきた年だそうです。
30から40代以上の世代がもっている常識はほとんど通用しないと思った方がいいでしょうとも書かれています。
そこで、どうコミュニケーションを取っていったらいいのか、
仕事の上司としてプロフェッショナルな態度がとれるのか、
特に「ほめ方」「叱り方」が大事です。
そこに行動科学マネジメントを使っていきます。

たとえば「叱る場合」でも
「結果ではなく、行動を叱る」

そのためには部下をしっかり観察して、「不足行動」が何であるか突き止める。

行動科学マネジメントを知るには、非常にわかりやすい書籍になっています。

部下を持つ方は一度読んでみると、
指導のヒントが得られると思います。

上司のための戦略的ほめ方・叱り方 [宝島社新書] (宝島社新書 278) Book 上司のための戦略的ほめ方・叱り方 [宝島社新書] (宝島社新書 278)

著者:石田淳
販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

即戦力の人心術

即戦力の人心術―部下を持つすべての人に役立つ Book 即戦力の人心術―部下を持つすべての人に役立つ

著者:マイケル・アブラショフ
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

元アマゾンカリスマバイヤーの土井さんのメルマガで1000冊に1冊の名著として紹介されていました。

著者はアメリカ海軍の「最優秀チーム」を育て上げた最強の指導者だそうです。
上司は部下にたいして、どのような言葉や態度を示すべきか、
実例を交えて書かれています。

リーダーとはどうあるべきか。

本書に書かれた言葉に多くのヒントがあります。

本書の帯の部分より
今、全米ビジネスマン
必読の「バイブル」は
この本!

リーダーによって、こんなにもチームが変わるのか。
自分自身にも考えさせられる部分がたくさんあります。

私の場合、部下がいて、上司がいる立場なので、
両者の気持ちがわかるという点では
リーダーの心得を学びやすいのかも知れません。

どんなに職場にPCやIT、機器類などが入っても
それを扱うのは人。いま人の価値が見直されている時代ではないでしょうか。

私自身も、ここ最近すごく思うことがあります。

わたしは部下を大切に扱っているのか。
部下に注目しているのか。

また逆に上司は私を大切に扱っているのか。
私に注目しているのか。

こんなことを考えています。
組織の生産性を上げる部分で、これって実はすごく大切なことだと思います。

本書からは少し離れますが
ホーソン効果というのがあります。

これはある工場で照明を明るくすれば生産性があがるのではないか。
という実験を試みたことから始まりました。
当然、明るくすれば生産性はあがりました。
逆に暗くすれば生産性は下がると思われていましたが、
暗くしてもさらに生産性が上がったのです。
当初の考えとは全く違った結果が出たために、この実験は失敗に終わりました。
しかし、さらに研究を進めてわかったのが、
この生産性を上げていた原因が環境ではなく、
いかに自分が注目されているのか、特別に関心がはらわれているか、
上司が公正に評価してくれているかなど
心理的な部分が左右していたとう話です。

こちらの書籍を参考にしてください。

チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術 Book チームハックス 仕事のパフォーマンスを3倍に上げる技術

著者:大橋 悦夫,佐々木 正悟
販売元:日本実業出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回の書籍のリーダーシップ、部下とのかかわり方でも
このホーソン効果という部分があるかと思いました。

手元に置いておいて何度か見返したい書籍だと思いました。

こんな上司になりたいし、こんな上司の元で働きたい、そう願います。

即戦力の人心術―部下を持つすべての人に役立つ Book 即戦力の人心術―部下を持つすべての人に役立つ

著者:マイケル・アブラショフ
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新規事業がうまくいかない理由

新規事業がうまくいかない理由 Book 新規事業がうまくいかない理由

著者:坂本 桂一
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

新規事業を立ち上げる場合、ベンチャーか、企業内起業かで分けられますが、
こちらの書籍の題材は企業内起業がメインになります。

題材にするということは、企業内起業の方が難関ということでもあります。

(以下、色文字部分は書籍よりの引用になります。)

じつは、新規事業の立ち上げの現場では誰もが困っているのです。
その原因は、世の中に新規事業を立ち上げて成功したという人が少ないこと。
とくに企業内にはほとんどいません。

著者は新規ビジネスの成功確率はせいぜい50%というのが現実だと言っています。
さらに今まで起業など考えたことのなかった自社の社員を使って新規事業をはじめる場合は、
さらにその半分の25%より成功確率が下がるのは間違いないと断言しています。

まさに納得の一言です。

企業内起業VSベンチャーでは
企業内では「人」「モノ」「カネ」に関しては十分なリソースが用意されていても
「ハングリー精神」「モチベーション」がベンチャーよりも劣っているそうです。

サラリーマンというのは挑戦よりも、安定や現状肯定に価値を感じてサラリーマンという
働き方を選択した人
たちなのです。

確かに私も取りあえず安定した収入がり、失敗しても帰る場所がある状況下(企業内)では、
モチベーションは保てても、ハングリー精神を持つのは難しいと思います。

もし企業内起業を成功させようと思うのなら、ここは考え方を変えて、
ハングリー精神やモチベーションの乏しい人間がオペレーションを行うということを
前提とした事業を選べばいいのです。

ちなみにこの著者は以前にこんな書籍を出しています。

頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ) Book 頭のいい人が儲からない理由 (講談社BIZ)

著者:坂本 桂一
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ私のお気に入りの書籍の一つでもあります。こちらを合わせて読んでいただくと
さらにポイントがつかみやすくなるかと思います。
著者は実際にいくつもの新規事業にかかわってきています。
そこで思うことは、以外にも人間臭さを感じる点です。

本書からはずれるかもしれませんが、
新規事業を立ち上げる場合にも、その人間臭さを理解しチームを大事にするリーダーが
必要になってくる気がします。
前著を読んでいてそんな気がしました。

本書では新規事業が立ちあげれないダメな理由が中心です。
その先の答えは「ハングリー精神」かなぁ・・・・

新規事業がうまくいかない理由 Book 新規事業がうまくいかない理由

著者:坂本 桂一
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーカス・リーディング 「一冊10分」のスピードで、10倍効果を出すいいとこどり読書術

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 Book フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

著者:寺田 昌嗣
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

情報の波が次から次へと押し寄せている毎日。
インプットの素早さがそのままアウトプットの質にも繋がっていくこの頃。
そこで注目されているのが速読。
速読術に関する本やセミナーも多数あります。
本の帯にはこんな記述が
あの「キャンセル待ち」の人気講座がついに書籍になった!

フォーカス・リーディングでの読書の目的とは?
ビジネス力アップ、自身成長。
確かに私も本を読む目的に含まれている部分です。
しかし実際に成果に結びつく読書をしているのでしょうか?

本書より引用
世の中には、「本を読んだ先」にある目的を明確に意識し、
読書を「確かな成長」につなげている人と、
「本を読む」という作業だけに気を取られて、
「啓発された気分」と「高まっているイメージ」に浸かって時間を浪費している人とがいます。
私の知人には、せっせと本を読みながら、時間だけでなく品格まで失ってしまった悲しい人間もいます。

なかなか厳しい意見ですね、。事実ですけど・・・

で、それを回避する手段の一つがフォーカス・リーディング。
フォーカスがずれているから読書が無駄な浪費になってしまう。

副題で一冊10分のスピードで、10倍の成果を出す「いいとこどり」読書術とあります。

「読書にかけたコスト」のコストを「時間」ととらえ、「時間」を短くして、
なおかつ成果、効果を低下させない。
時間投資対効果を最大化する読書術。

この本の構成は理論編、鍛錬編、実践編となっており、
鍛錬編の項目には「体」「技」「心」を極めるというように
速読を体育会系のノリで身につけると表現しています。

つまりラクをして身につけるというものではなく、
練習をして身につけるものですので、
これを読めば速く本が読めるというものではありません。(当たり前ですけど)

速読はスポーツということで、呼吸法、目の鍛錬。
練習は必須になっています。
一朝一夕で身につくものでないところが真っ当な速読本なのではないでしょうか?
夢物語を読んでも夢で終わるだけですから・・・

鍛錬編は体を使って習得していくしかありません。

実践編で本からのアウトプットを促進する方法として、
アウトプットの内容を実際に自分のスケジュール帳などのToDo欄に
記入してしまうということが書かれています。

私も読んだ本の中から実際に自分が導入することなどを抜き出してリストアップすることはあります。
もう一歩先を行ってスケジュール帳に落とし込む方法というのは
高い確率でアウトプットを実行するには賢い方法です。

早速、これ導入します。

フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 Book フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術

著者:寺田 昌嗣
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほぼ日手帳2009COUSIN(カズン)

ついに本命登場かsign03
ほぼ日手帳にA5判サイズが2009年度版より新登場します。

詳しくはほぼ日刊イトイ新聞をご覧ください。
http://www.1101.com/store/techo/2009/cousin/index.html

私はここ2年あまりはアクションプランナーという手帳を使っています。
アクションプランナーはA5サイズの手帳です。
見開き一週間、縦割りの時間刻みのいわゆるバーチカルタイプと呼ばれるモノです。
アクションプランナーではスケジュールはもちろん、ToDoに関しても直接時間軸に書くのが特徴です。
ToDoを点ではなく、面としてとらえるため非常に時間管理がしやすい手帳です。
欠点の一つとしてすべて時間軸に落とすためにメモ欄がほとんど存在しないという点です。
ここの部分をどう改善しようかと、以前当ブログでも記事にしました。
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_8d8d.html
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_bd4c.html
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_ecce.html

メモ欄を補足するために、新たにシステム手帳を併用したり、A5サイズのノートを併用したりしましたが、なかなかうまくいきませんでした。
春には思わず4月始まりのほぼ日手帳を購入してしまいました。

ほぼ日手帳は非常に発想が広がる手帳のように感じました。
それにくらべるとアクションプランナーはスケジュール管理にはすぐれた力を発揮しますが、
それ以外の遊びの部分がなく、質実剛健という感じです。

アクションプランーとほぼ日手帳の併用もできず、ほぼ日手帳はしばらくお休み状態でした。
しかし、これからの時代は、やはりアイデアをいかに出すかがポイントということを強く感じ7月頃からほぼ日手帳に乗り換えました。
ネタの収集の記述には1日1ページのほぼ日手帳は有効です。
そして、ネタを逃さないためにメモ帳も導入しました。
メモ帳導入の記事はこちら
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_7c8d.html

そんなこんな試行錯誤をしていたところに
2009年度版のほぼ日手帳の発売のニュースがありました。
しかも今回から新しくA5判のほぼ日手帳が発売されるというのです。
しかも、このA5判にはバーチカルタイプの週刊ダイアリーまで新設されています。

これは私の理想とする手帳の登場といったところです。
ただし欠点としては重さです。
600gということで、500mlペットボトル飲料より少し重いといったところのようです。

ほぼ日手帳のサイトでもどちらかというと「置き手帳」としての使われ方を推奨しているようです。

色々問題も出てくるかも知れませんが、
私はほぼ2009年はこのほぼ日手帳カズンで決まりです。

これで
メモ帳→ほぼ日手帳→メタ・ノートといったアイデア熟成プロセスが完成するかもしれません。
アイデアの熟成はこちらの記事を参考にしてください。
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/post_82ac.html

今回のカバーはブラックでおとなしく決めてみるかな
http://www.1101.com/store/techo/2009/colors/cousin.html#bl

使い始めはまだ先ですが、また記事にしたいと思っています。

ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。 Book ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。

販売元:マガジンハウス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ほぼ日手帳公式ガイドブックも発売されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »