« 未来を予見する「5つの法則」 | トップページ | READING HACKS! 読書ハック!超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣 »

「ほぼ日手帳カズン」の週ダイアリー

来年度の手帳は「ほぼ日手帳カズン」に決めて、注文をかけました。
ほぼ日のサイトではこのカズンの2008年11月バージョンをダウンロードできるので早速試しに使っています。

今年度の途中にアクションプランナーからほぼ日手帳に乗り換えました。
乗り換えのいきさつはブログ内でも書いてきましたが、
アイデア、発想を強めたいというのが一番の理由でした。
1日1ページの記入欄に凄くひかれたのです。
ただアクションプランナーの見開きバーチカルタイプのスケジュール、ToDo管理の使いやすさはほぼ日にはありませんでした。

そしてカズンの登場。
カズンにはバーチカルタイプの週ダイアリーが新しく加わるということで、私の理想の手帳が登場したと思いました。
実際の手帳は重さ(500mlペットボトルより重い!)なども気になる点があるかも知れませんが、
一冊でアイデア、行動管理ができる手帳となれば仕方がありません。

お試しの11月の週ダイアリーを使っていて凄く惜しいなーという部分があります。
せっかく見開きバーチカルタイプを導入したのだから、もっと時間軸を広くとってもらいたかった。
時間軸は全体の2/3ぐらいで下のスペースがメモ欄になっているのですが、
ここまでメモ欄を大きく取らなくも良かったのではないでしょうか。
なにしろカズンにはメモスペースがたくさんあるのですから。
この点が非常に悔やまれるので、今後の改良点としてもらいたいです。
アクションプランナーのようにA5で時間軸をいっぱいにとると記入が凄くしやすいです。
行動指針・記録が視覚化されます。
週の動きが手にとるようにわかるのはありがたいです。

私は見開きバーチカルタイプ週ダイアリーの使い方としてルールをもうけています。
ToDo管理においての先延ばしのルール
週内の持ち越しOK
週またぎの持ち越しNG

ToDoのやり残しを発生させないためには期限をもうけるのは必要です。
しかし、あまりにもタイムプレッシャーをかけすぎると嫌になってしまうので、
緩めの制限をつけるのがいいかと思い上記のルールを作りました。
一週間見開きタイプだと、矢印を引っ張って移動させるだけなので、このルールを使うのにも適しています。

カズンの使用は持ち運ぶ点も踏まえてどうなるか、今から非常に楽しみです

当ブログ内関連記事

http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_ecce.html
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/2009cousin_07e6.html
http://new-age-009.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/todo-3c3a.html

|

« 未来を予見する「5つの法則」 | トップページ | READING HACKS! 読書ハック!超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣 »

手帳・時間管理術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ほぼ日手帳カズン」の週ダイアリー:

« 未来を予見する「5つの法則」 | トップページ | READING HACKS! 読書ハック!超アウトプット生産のための「読む」技術と習慣 »