« 呼吸によるペーシング | トップページ | 【話術、マナーを習う前に知っておきたいコミュニケーションの本質】No.1 »

山崎啓支さんインタビュー記事より

NLPラーニングの山崎啓支さんのインタビュー記事が出ていたので、そこから抜粋します。
詳しい全文はこちらに載っています。
日本メンタルサービス研究所
http://www.jcounselor.net/11interview/archives/2009/11/post_23.html

全4回の第2回『一切の価値観を脇に置くと「ありのままの自分」が見える』より

以下抜粋

イメージは変えられるんです。
本当のあなたはあなたが身にまっとっている「イメージ」ではなくて、
「あなたの本質」なんです。

自分自身のイメージは過去の体験、偶然の体験が創りあげたもの。
イメージは記憶の産物である。
過去の記憶が変われば自分に対するイメージは変わる。
セルフイメージは記憶であり、実態はない。

基本的に人間は条件付けられた存在です。

「イメージとしての私」から一切の記憶をなくしたとしたら、何が残るのか?
記憶がないから恐怖症も苦手意識もない。
「イメージとしての私」の「私」とは「記憶」のこと。

「本来の自分」とは記憶ではないはず。
「本来の自分」は価値観に一切とらわれることはなくなるはずです。
なぜならば、価値観は生まれつきのものではなく、その後の体験、経験からできているからです。
体験や経験の積み重ねによって価値観は作られます。
それがなくなった人間が存在するならば、未来に対する不安はなくなるはずです。
そこには何も存在しません。
記憶が価値観などの観念を作り出しているのです。
そして、それらの観念が模範や基準をつくりだして、
「在るべき姿」「希望」「不安」などを作り出す原因になるのです。

仮に記憶がなくなれば、希望も不安もない。
過去に対する後悔もない。過去に対する良い思いでもない。
そしてその時には現在・過去・未来というイメージとしての「時間」の存在はない。

未来とは過去の記憶の事です。過去の記憶があるから、不安になる。
例えば、お金で困った体験があると、それが原因で未来に対してお金の不安をもつ。

もし過去がなければ、未来に希望もない。
過去の経験や価値観から、「将来こうなりたい」という期待や希望を生み出す。
そこから「なりたい自分」が生まれる。
その「なりたい自分」と「今現在の自分」を比較することにより自己否定の原因が生まれる。

セルフイメージの高い人の特徴は今現在の「ありのままの自分」でOKだと思っているかどうか。

現在の自分は過去の記憶の集積です。
過去の記憶がなければ、現在の自分は存在しないのです。

「イメージとしての私」が苦しみを創り出す。
他人や自分自身に対してイメージをかぶせて見ている。
純粋には見ることができない。

自分の中の価値観にそぐわない事があったとすると、違和感を感じるかもしれない。
相手が話す内容は、本当は無色透明のはずだが、無色透明に聴く事ができない。
人間は経験を通してしか聴けていないはずです。
経験の正体は記憶。

「経験」が外側の世界を見る際のフィルターになる。
「私の経験」を通してその存在をみる。
私を通して誰かを見る限り、良い悪いが存在する。
完全な意味でのニュートラルになることなんてありえない。

自分の記憶を貼り付けてその人を見ている
自分の経験を通してみている。
だから他人は自分の鏡。

本来自分が生まれてきた性質に合わせる。
本当の自分は「イメージとしての自分」ではなくて「本質」のはず。
「本質」の上に記憶を重ねてきた。

価値観とは自分のこと。
価値観の通りであれば良し、かけ離れたことをした時は後悔する。
価値観と通りに生きなければいけないのが人間なのか。
価値観はそれを信じて、大切だと思っている人にとってのみ大切なこと。
価値観をいったん脇に置いて人を見ると、「ありのままのその人」。
それは赤ちゃんが、ただ存在しているだけで素晴らしいように。

そして価値観を脇に置いて自分自身を見たときに何があるのか?
そこには「ありのままの自分」がいる。

人間は、他人を見るときと同じ価値観を通して、いつだって自分自身を裁いている。

積み上げられた過去の記憶がなかったら、そこには過去も未来もない。
比較の必要がなくなる。

そうなった時には「ありのままの自分」が今存在するだけ。
今この瞬間を生きる事ができる。

「イメージとしての(記憶としての)私」が変わったら、
自分自身に対する見方も変わるし、他人を見る見方も変わる。
他人の見方が変わるから、反応が変わる。
その結果として変化するということです。

本当の私になるという事は、「本質」に立脚した生き方ができるかどうかということです。

落とし込むには時間のかかりそうな言葉ですね。
山崎さんの新しい事業のNRTに関連している考え方ではないでしょうか。

NRTとはNatural Returning Transformationの頭文字をとったものです。

これは東京の方ではすでにセミナーが開催されているようです。
山崎さんに伺ったところ、マスターなどを終了した人向けでおこなっているとのことです。

|

« 呼吸によるペーシング | トップページ | 【話術、マナーを習う前に知っておきたいコミュニケーションの本質】No.1 »

NLP/自己啓発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508708/32350598

この記事へのトラックバック一覧です: 山崎啓支さんインタビュー記事より:

« 呼吸によるペーシング | トップページ | 【話術、マナーを習う前に知っておきたいコミュニケーションの本質】No.1 »