« 本質としての私 | トップページ | アイデンティティーレベル=セルフイメージ »

「負」のサイクルを断ち切る

人生選択の連続です。
その選択がその人の生き様になっていきます。

ほとんどの選択は自分自身によるものだと思います。
誰かに無理やり選ばされたといっても、物心のある大人であれば、
最終的な選択はやはり自分自身でされているのではないでしょうか?

ところが厄介なことに自分を被害者として、人生を歩んでしまうことがあるのです。

「あの人のせいで人生がくるった」「社長のせいで仕事がつまらない」
「あの人がいなければ、もっと楽しいのに」・・・

被害者意識を持つということは、他人に自分の人生をゆだねているということです。

つまり自分の外部に影響力を求めているのです。

ここで前回少しふれましたロバートディルツ博士のニューロロジカルレベルでこのことを考えてみます。

ニューロロジカルレベルとは意識レベルを階層的に体系化したものです。
通常のレベルの5段階は以下のようになっています。

①環境レベル
②行動レベル
③能力レベル
④価値観・信念レベル
⑤アイデンティティーレベル

番号が進むにつれてより深い意識レベルになっていきます。

2d

上位層から下位層に与える影響は大きいです。
そして下位層から上位層に与える影響も少なからずあります。

被害者意識を持つというのは、外部に影響力を求めてしまっているとお伝えしました。
ニューロロジカルレベルにあてはめると、本当の意味での外部は「環境レベル」だと思います。
一番の下のレベル、底辺です。

下位層レベルも上位層に確かに影響を与えます。
しかし、自分の人生を揺るがすほど影響力があるのでしょうか?

「あの人のせいで人生がくるった」「社長のせいで仕事がつまらない」
「あの人がいなければ、もっと楽しいのに」・・・

このようなことは外部に影響力を求めているように見せかけているだけです。
実は自分自身の行動レベル、能力レベルの問題なわけです。
行動レベル、能力レベルを変えれば確実に環境レベルも変わっていきます。

そして、もっと怖いのが「自分は被害者だ」というセルフイメージを作り上げてしまっている場合です。
ニューロロジカルレベルでいう、信念・価値観レベルが「被害者」なんです。
下位層の環境レベルの影響をジワジワ浸透させてしまい、
信念・価値観レベルで「自分は被害者だ」という「思い込み」を作ってしまったのです。
その「思い込み」が更に循環するように下のレベルに順次影響力を与え、
更なる環境レベルの悪化を招きます。それがまた上位層へとジワジワ浸透し・・・
完全なる「負」のサイクルに迷い込みます。

Photo_2

どうするか?

「焦点を外部から内部に向ける。」

外部に焦点が向いているうちは、
「誰かを変えよう」、「何かを変えよう」等と変えることのできないことばかりに眼が向きがちです。

でも内部に焦点を向けた時、言い換えるならば「自ら変わろう」と思った時に
見えているものが変わると思います。

「負」のサイクルは崩壊していきます。

目の前に現れてくることへの選択がきっと変わってくるはずです。
そうなれば他人に人生をゆだねることなく、
自らの道を進めるようになるでしょう。

本文中においてアイデンティティレベルの考え違いがありました。
関連記事に訂正を載せてあります。ご覧ください。

アイデンティティレベル=セルフイメージ

|

« 本質としての私 | トップページ | アイデンティティーレベル=セルフイメージ »

NLP/ニューロロジカルレベル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/508708/33360250

この記事へのトラックバック一覧です: 「負」のサイクルを断ち切る:

« 本質としての私 | トップページ | アイデンティティーレベル=セルフイメージ »