« 陰陽説 | トップページ | 気・血・水 »

五行説

今回は五行説です。

五行説も前回記事にした陰陽説と同様に、古代中国の宇宙観を反映した哲学思想です。
自然界に存在するすべてのものを5つに分類したものです。
その5つのもは「五材」とよばれる基本五元素です。

「木・火・土・金・水」

五行の「五」とはこの「基本五元素」のことで、「行」とは「動く、巡る、廻る」という意味があります。

陽気の集積が火に、陰気の集積が水になり、火と水の組み合わせから木火土金水の基本元素が生成された。

木と木をこすりあわせると摩擦熱で火が生じ、
物が燃えれば灰となって土に還り、土を掘ると金属が得られ、
金属は空気を冷やしてその表面に水滴を生成し、水は木を育む。
火に着目すると、火は土の母になり、木の子となる。
つまり、木と火、火と土、土と金、金と水、水と木は、
前者が後者を生み出す関係にあり、この関係を相生と呼ぶ。

木は根を地中にはって土を締め付け、
土は水を塞き止め、水は火を消し、金属は火によって溶け、木は斧により切られる。
木と土、土と水、水と火、火と金は、前者が後者を抑制する関係にある。
これが相克と呼ばれる関係である。
100303_1

五行の相互関係、「相生(そうせい)」と「相克(そうこく)」

「相生」・・・お互いに助け合う関係

「相克」・・・相手の過剰を抑制・制約する関係

さらに中医学で五行説は、人体の臓腑間の相互関係を明らかにしていきます。
いわゆる五臓六腑です。

五臓は、肝・心・脾・肺・腎を指し、
それぞれ木・火・土・金・水に対応づけられています。
100303_2

中医学でいう五臓とは、
現代医学の解剖学上の同名臓器とは必ずしも一致しているわけではなく、
もう少し広い意味をもつ実態のない機能単位です。
100305_3_2

五臓の相生・相克関係による病態の認識には現代医学にはないアプローチを可能にします。

五臓は肝・心・脾・肺・腎ですが、
六腑は次のようになります。

胃・・・飲食物を消化・吸収する機能を担う。

胆・・・消化を助ける胆汁を小腸に分泌する。

小腸・・胃で吸収された飲食物を、栄養物(精)と不要物に選別する。
精は脾に運搬され、不要物は大腸や膀胱に運ばれる。

膀胱・・不要物のうち、水分を小便として体外に排泄する。
腎でろ過された原尿の大半を再吸収する働きもある。

三焦・・気血水を全身に巡らし、不要物の排泄にも寄与する。

この六腑は、食物の消化・吸収・運搬を司る生体の機能単位である。

臓、腑を陰陽で分類すると、「五臓が陰」「六腑が陽」となる。
そして臓腑の表裏の関係で表すことができる。
100305_4

更にこれらを元に五行の配当表ができる。
五行の配当表は、自然界に存在する様々な物や事象を五行に分類、整理したものである。
100306_5

この五行の配当表により、現代医学ではない様々な解釈が可能になる。

この配当表を見ていると様々なインスピレーションが浮かんできます。

|

« 陰陽説 | トップページ | 気・血・水 »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五行説:

« 陰陽説 | トップページ | 気・血・水 »