« 五行説 | トップページ | NLP アンカー »

気・血・水

「気・血・水」とは?

生体の生命・精神活動を維持する為に全身を巡る生命の構成要素です。
もう少し平たく表現すれば、体内のエネルギーです。

「気」は、
万物を構成する根源的なエネルギーです。
目に見えるものではありませんが、
考え方としては内臓の働きや機能そのものが「気」になります。

「気」は両親から受け継いだ「先天の気」と、
誕生後に地球上から摂取する「後天の気」に分けられます。

先天の気・・・・腎に貯蔵されている。その量は先天的に決まっている。
  (減ることはあっても増えることはない)

後天の気・・・・先天の気の消耗分を補う。
  呼吸作用で肺に摂取される天の気、飲食物によって脾胃に摂取される地の気に分類。

気の働きにより体質を二つに分類することができます。

「気虚」(ききょ)・・・気が不足している場合。
「気滞」(きたい)・・・気が滞っている場合。
 

「血」は、赤い体液である。
しかし、中医学的には血液そのものだけでなく、体内に蓄えられた栄養物や、肉体、器質なども含みます。

血の働きが足らないか、過剰かによって二つに分類できます。

「血虚」(けつっきょ)・・・不足している場合。
「淤血」(おけつ)・・・・・過剰になって血の流れが滞っている場合。

「水」は、無色の体液である。
正しくは「津液」(しんえき)といって、血液以外の体内の体液を表す。

体液が不足しているか、過剰なのかによっても体質が二つに分類できます。

「津液不足」(しえきふそく)・・・不足している場合。
「水液停滞」(すいえきていたい)・多すぎて滞っている状態。

気は生命・精神活動を活発にする働きがあるために、陰陽説では陽に分類されて陽気と呼ばれます。
血水は、陰陽説では陰に分類されて陰液と総称されます。

この陽気と陰液のバランスが生体内で崩れたときに、病的な症状が表れます。

「陽」に分類される「気」。後天の気として呼吸により「気」を補う天の気。
つまり呼吸。

「もっと呼吸をせよ」

自律神経系にあって、意識的にコントロールできる呼吸はやはり大切なキーワードになりそうです。

|

« 五行説 | トップページ | NLP アンカー »

中医学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気・血・水:

« 五行説 | トップページ | NLP アンカー »