カテゴリー「中医学」の3件の記事

気・血・水

「気・血・水」とは?

生体の生命・精神活動を維持する為に全身を巡る生命の構成要素です。
もう少し平たく表現すれば、体内のエネルギーです。

「気」は、
万物を構成する根源的なエネルギーです。
目に見えるものではありませんが、
考え方としては内臓の働きや機能そのものが「気」になります。

「気」は両親から受け継いだ「先天の気」と、
誕生後に地球上から摂取する「後天の気」に分けられます。

先天の気・・・・腎に貯蔵されている。その量は先天的に決まっている。
  (減ることはあっても増えることはない)

後天の気・・・・先天の気の消耗分を補う。
  呼吸作用で肺に摂取される天の気、飲食物によって脾胃に摂取される地の気に分類。

気の働きにより体質を二つに分類することができます。

「気虚」(ききょ)・・・気が不足している場合。
「気滞」(きたい)・・・気が滞っている場合。
 

「血」は、赤い体液である。
しかし、中医学的には血液そのものだけでなく、体内に蓄えられた栄養物や、肉体、器質なども含みます。

血の働きが足らないか、過剰かによって二つに分類できます。

「血虚」(けつっきょ)・・・不足している場合。
「淤血」(おけつ)・・・・・過剰になって血の流れが滞っている場合。

「水」は、無色の体液である。
正しくは「津液」(しんえき)といって、血液以外の体内の体液を表す。

体液が不足しているか、過剰なのかによっても体質が二つに分類できます。

「津液不足」(しえきふそく)・・・不足している場合。
「水液停滞」(すいえきていたい)・多すぎて滞っている状態。

気は生命・精神活動を活発にする働きがあるために、陰陽説では陽に分類されて陽気と呼ばれます。
血水は、陰陽説では陰に分類されて陰液と総称されます。

この陽気と陰液のバランスが生体内で崩れたときに、病的な症状が表れます。

「陽」に分類される「気」。後天の気として呼吸により「気」を補う天の気。
つまり呼吸。

「もっと呼吸をせよ」

自律神経系にあって、意識的にコントロールできる呼吸はやはり大切なキーワードになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五行説

今回は五行説です。

五行説も前回記事にした陰陽説と同様に、古代中国の宇宙観を反映した哲学思想です。
自然界に存在するすべてのものを5つに分類したものです。
その5つのもは「五材」とよばれる基本五元素です。

「木・火・土・金・水」

五行の「五」とはこの「基本五元素」のことで、「行」とは「動く、巡る、廻る」という意味があります。

陽気の集積が火に、陰気の集積が水になり、火と水の組み合わせから木火土金水の基本元素が生成された。

木と木をこすりあわせると摩擦熱で火が生じ、
物が燃えれば灰となって土に還り、土を掘ると金属が得られ、
金属は空気を冷やしてその表面に水滴を生成し、水は木を育む。
火に着目すると、火は土の母になり、木の子となる。
つまり、木と火、火と土、土と金、金と水、水と木は、
前者が後者を生み出す関係にあり、この関係を相生と呼ぶ。

木は根を地中にはって土を締め付け、
土は水を塞き止め、水は火を消し、金属は火によって溶け、木は斧により切られる。
木と土、土と水、水と火、火と金は、前者が後者を抑制する関係にある。
これが相克と呼ばれる関係である。
100303_1

五行の相互関係、「相生(そうせい)」と「相克(そうこく)」

「相生」・・・お互いに助け合う関係

「相克」・・・相手の過剰を抑制・制約する関係

さらに中医学で五行説は、人体の臓腑間の相互関係を明らかにしていきます。
いわゆる五臓六腑です。

五臓は、肝・心・脾・肺・腎を指し、
それぞれ木・火・土・金・水に対応づけられています。
100303_2

中医学でいう五臓とは、
現代医学の解剖学上の同名臓器とは必ずしも一致しているわけではなく、
もう少し広い意味をもつ実態のない機能単位です。
100305_3_2

五臓の相生・相克関係による病態の認識には現代医学にはないアプローチを可能にします。

五臓は肝・心・脾・肺・腎ですが、
六腑は次のようになります。

胃・・・飲食物を消化・吸収する機能を担う。

胆・・・消化を助ける胆汁を小腸に分泌する。

小腸・・胃で吸収された飲食物を、栄養物(精)と不要物に選別する。
精は脾に運搬され、不要物は大腸や膀胱に運ばれる。

膀胱・・不要物のうち、水分を小便として体外に排泄する。
腎でろ過された原尿の大半を再吸収する働きもある。

三焦・・気血水を全身に巡らし、不要物の排泄にも寄与する。

この六腑は、食物の消化・吸収・運搬を司る生体の機能単位である。

臓、腑を陰陽で分類すると、「五臓が陰」「六腑が陽」となる。
そして臓腑の表裏の関係で表すことができる。
100305_4

更にこれらを元に五行の配当表ができる。
五行の配当表は、自然界に存在する様々な物や事象を五行に分類、整理したものである。
100306_5

この五行の配当表により、現代医学ではない様々な解釈が可能になる。

この配当表を見ていると様々なインスピレーションが浮かんできます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰陽説

今日は中医学から陰陽説についてです。
「五行説」「気・血・水」についても今後書いていきます。

人にアプローチする際、将来的に私は「心&身体」、「東洋&西洋」の融合を考えています。
こちらの図ですね。(関連記事

100303
更に「願望実現」の方法としても何か発見がないかと探っています。
(中医学的観点から無意識に上手くアプローチできないか?)
最終的には「心&身体」、「東洋&西洋」を絡めて「願望実現プログラム」として完成できればと思っています。

ということで、まずは陰陽説から、

陰陽説・・・古代中国の宇宙観と密接に結びついて発達してきた、哲学思想。
            陰陽という対立する2つの基本属性で万物を把握する。

中国の古典『淮南子(えなんじ)』によると、
原初の宇宙は天地が未分化の状態にあり、
混沌または大極と呼ばれる気(万物を構成する根源的なエネルギー)しか存在しなかった。
混沌はその後、陽気(軽く澄んだ気)と陰気(重く濁った気)に分かれ、
陽気は上昇して天に、陰気は下降して地になり、
人間を含む万物はこの天地の交感によって生み出された。

万物を二元論的に捉える陰陽説。

100302_2

陰陽は元々、混沌という一つの気から派生してきた為、同根の関係にある。
「陰陽の性質」
・天地同根(対立しつつも影響し合う)
・天地往来(相互に往き来する)
・天地交合(密に交感して万物を生み出す)

陰陽図(太極図)
100302_5

白は陽を、黒は陰を意味し、対立の象徴である。
しかし陰陽図は、陰陽が絶対的な対立関係にあるのではなく、
絶えず循環し続けていることも同時に表している。
白色内にある黒点、黒色内にある白点がそれである。
黒点は陽中の陰、白点は陰中の陽と呼ばれている。

太極図が表す4つの意味
・陰陽対立(世の中のものはすべて陰と陽に分けられる)
・陰陽互根(どちらかひとつでは完成せず、相手がいて初めて世界が成立する)
・陰陽消長(お互いの力関係はつねに変動する)
・陰陽転化(あるタイミングで陰陽が入れ替わる)

このように相反するものだが、ただ対立しているのではなく、依存しあいながら、
力のバランスを変え、互いに転化し流動している。

人間の心身に当てはめた陰陽の関係性
100302_9

陰虚、陽虚で出てくる症状、補い方
100302_10

以上が陰陽説の概要になります。

では意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)を陰陽で分けるならば・・・
基本的には「潜在意識」が「陰」、「顕在意識」が「陽」になると思われます。
ただし、この対立の関係は互いに転化し流動するわけですから、
立場状況によっては入れ替わることもあります。

太極図を見てもわかるように、
意識の中にも無意識は存在し、無意識の中にも意識は存在しています。
互いに行き来できる出入り口が存在しているということです。

この辺りのところを今後は探っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)