カテゴリー「NLP/サブモダリティチェンジ」の3件の記事

五感による入力の大切さ

結局のところ、この世界を認識するには五感が唯一の入口だ。
そして五感を通して意識に上げた時にはもう、その物自体の意味をなしていない。
いや、五感を通した時点で意識だろうが、無意識だろうが既に何らかのフィルターがかかっている。

つまり私たちはそのもの自体を認識することはできないのだ。

では、私たちはいったいこの世界の何を認識しているのだろう。
自分自身の脳が勝手に作り上げたこの世界の何を認識しているのか?

それは、その物自体に関わる感情・感覚を自分自身に伝えているのだ
感情・感覚を自分自身に伝えるのに私たちは価値観などのフィルターを使っている。

故に人それぞれ、同じものを見ていても捕らえ方は実に様々だ。
NLPを理解・体験すると、これらのフィルターを上手く使いこなせるようになってくる。
プラクティショナー(実践者)というわけである。
ちなみに私は今のところ仮免実践者ということにしておこう。

状況状態に応じて使うフィルターを変化させるのだ。
それがNLPでいう、リフレーミングやサブモダリティーチェンジであろう。

さらに言えば、一切の価値判断を手放した時、
私たちは生まれたての赤ちゃんの頭の中を、今に再現できるのかもしれない。

私にはもうすぐ3歳になる子供がいるが、実にNLPプラクティショナーなのだ。
小さな子供はラポールの達人である。
無意識レベルの「同調・共鳴」を学習の4段階で言えば「無意識的有能」レベルでこなしている。

学習には4つの段階があります。
第1段階 「無意識的無能」・・・何かを学習する以前の段階
第2段階 「意識的無能」・・・・何かを学び始めたばかりの段階
第3段階 「意識的有能」・・・・何かを意識して使おうと努力していて、実際に使えている段階
第4段階 「無意識的有能」・・・何かを意識することなく、それらを使っている段階

ただし小さな子供の場合はいきなりの第4段階の「無意識的有能」ですので欠点も出てきます。
ラポールでいえば相手の感情をそのまま自分自身に影響を与え過ぎててしまうことです。
大人であれば意識的にコントロールできることですが、無意識優位の小さな子供はそれができません。

相手がイライラしていたり、元気が無かったりすると無意識レベルで「同調・共鳴」してしまい、
自分も同じ感情を持ってしまいます。

我が子を観察していると実にその通りです。
ニュートラルで子供とは向き合うように努めています。

そしてメタモデルの達人でもある。
どんどん突っ込んだ質問をしてくるし、ダブルバンドもバンバン使う。

でも、いつの間にかこのような能力も一時的に消えていくのでしょうね。

話を元に戻していきます。
結局のところ、私たちはその物自体を認識はできなくて、
自分自身のフィルターを通して、その物自体に関わる感情や感覚を自分に伝えているということでした。

フィルターを通すということはサブモダリティーを使っています。
サブモダリティーとは「VAKの質」です。五感の細かな構成要素ということです。
VAKは五感を大きくまとめたものです。

 *視覚、聴覚、身体感覚、嗅覚、味覚をNLPではVAKOGといいます。
 (視覚=Visual、聴覚=Auditory、身体感覚=Kinesthetic、嗅覚=Olfactory、味覚=Gustatory)
  NLPでは特にVAKを重要視します。(OGはKの一部と考えます)

より良い、より豊かな状態を持とうと思うと、
サブモダリティーがすべてと言ってもいいのかもしれません。

良い悪いは別にして私たちの中には無数のプログラムがあります。
それを起動させる一番最初のきっかけが五感による入力です。

ですからそれを作動させる五感、そしてそれに変化を与えるサブモダリティー。
凄く大切、というかすべてです。

このブログでも幾度となく次の言葉を紹介してきました。

「人間は出来事そのものに影響を受けるのではなく、出来事にまつわるイメージに影響を受ける」

「私たちが現実を体験する方法を変化させる能力は、現実の内容そのものを変化させることよりも効果的であることが多い」

そして私たちはサブモダリティーチェンジによって、
「体験に新たな意味づけを行う」ことが可能になるのです。

人はそれができるのですから、
「毎日をいきいきと過ごす」ってことも
練習次第で可能だということです。

さぁ 今から チャレンジ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NLPにおいての五感を考える

私たちは、目の前にあるこの世界をどのように認識しているのでしょうか?

「五感を通して世界を認識している」

視覚、聴覚、身体感覚、嗅覚、味覚をNLPではVAKOGといいます。
(視覚=Visual、聴覚=Auditory、身体感覚=Kinesthetic、嗅覚=Olfactory、味覚=Gustatory)

NLPでは特にVAKを重要視します。(OGはKの一部と考えます)
そして、私たちはVAKから得られる情報を元に現在の周りの状況を認識しています。

当ブログの「NLPって?」でもお話しましたが、NLPは以下の英語の頭文字を意味しています。

Neuro:神経
Linguistic:言語
Programming:プログラミング

そして「五感」、VAKとはNの部分と関係性があります。
私たちは「N」=ニューロンと呼ばれる神経システムを通して、情報をやり取りしています。
そして最初の入力が五感となるわけです。

NLPでは、このような神経システムを「代表システム」といいます。
五感から得られた情報を言語によって意味づけを行い、何らかのプログラムを作ったり、起動させたりするのがNLPです。

「五感を通して世界を認識している」の意味がわかってきたかと思います。

プログラムの起動の始まりが、五感だとすると・・・
「VAKの質」って凄く大切だと思いませんか?

「VAKの質」とは、五感の細かな構成要素のことでサブモダリティーといいます。(当ブログ関連記事)

視覚システムにおいては、
「明るい・暗い」「大きい・小さい」「静止画・動画」「クリア・ピンボケ」「カラー・白黒」「近い・遠い」「見える方向」等・・・
聴覚システムにおいては、
「大きい・小さい」「低音・高温」「ステレオ・モノラル」「近い・遠い」「聴こえる方向」等・・・
身体感覚システムにおいては、
「温かい・冷たい」「硬い・柔らかい」「重い・軽い」「強い・弱い」「ザラザラ・すべすべ」「感じる方向」等・・・

NLPの使い手になるには、「五感に冴える」「五感を研ぎ澄ます」「五感に鋭敏になる」ことが大切です。
日常生活でも、もっともっと五感を意識して過ごせば感覚は磨かれていくと思います。

以前こんな言葉を紹介しました。思い出してみてください。

「人間は出来事そのものに影響を受けるのではなく、出来事にまつわるイメージに影響を受ける」

「私たちが現実を体験する方法を変化させる能力は、現実の内容そのものを変化させることよりも効果的であることが多い」

「VAKの質」を変化させることによって、「体験に新たな意味づけ」を行う。

これがサブモダリティーチェンジです。
先ほどの例の様に、サブモダリティーを積極的に変化させ、自分にとって良い意味に変えてしまいます。

ここで少し実験をしてみます。

「怖い」

サブモダリティーチェンジを使ってみます。

wobblytyphoon怖~いッcoldsweats01shine

どうですか?怖さが和らいだのではないでしょうか。

「ハッピー」

サブモダリティーチェンジを使ってみます。

lovelyheart02heart04ハッピーupmoneybagshineflair

どうですか?より楽しさが増してきたのではないでしょうか。

このように頭の中でイメージを使って、実際の出来事に変化を与えれば、体験に新たな意味づけが与えられるのではないでしょうか。
そして変化はよりよい方向へ。楽しいものは更に楽しく、辛いことは辛さを和らげるように・・・
サブモダリティーチェンジを使ってみましょう。

サブモダリティーチェンジについてバックトラック(復習)です。

NLPの考え方を無意識のうちに使えるようになるためには繰りかえしの学習が必要です。
バックトラックを意識的に増やしていきます。
私自身がNLPの考え方を無意識に落とし込む為に必要なバックトラックです。

学習には4つの段階があります。
第1段階 「無意識的無能」・・・何かを学習する以前の段階
第2段階 「意識的無能」・・・・何かを学び始めたばかりの段階
第3段階 「意識的有能」・・・・何かを意識して使おうと努力していて、実際に使えている段階
第4段階 「無意識的有能」・・・何かを意識することなく、それらを使っている段階

自動車の運転で言えば、
第1段階は、自動車の運転の方法を全く知らないし(無意識的)、学んだこともない段階です。=無能
第2段階は、自動車の教習所に通い始めた段階です。運転は意識するが(意識的)、まだ上手く運転できない状態。=無能
第3段階は、自動車の運転免許を取ったばかりの段階です。運転操作をかなり意識するが(意識的)、運転ができている状態。=有能
第4段階は、自動車の運転を何年も続けてきて熟練してきた段階。運転操作を意識することなく(無意識的)、運転ができている状態=有能

当然、NLPでも第4段階まで到達してこそ、日常レベルで難なく活用できるようになります。
そのためには繰り返しの学習が必要になります。
復習を繰りかえし、無意識にNLPの考え方、スキルを落とし込みます。

話を戻していきます。
サブモダリティーチェンジのバックトラックです。

「人間力を最大限に発揮する~ピークパフォーマンス~」

能力を最大限に発揮するには「状態管理」が大切です。
状態を左右するのが「VAKの質」です。
五感をコントロールできれば能力を最大限に発揮できます。

私は以前に、大勢の前でスピーチをして、頭の中が真っ白になってしまったことがあります。
しかし、数人の前で話をすることは難なくできます。
何が違うんでしょう。

もともと備わっている能力は変わりないはずです。
でも、大勢を前にして私の感覚が変わってしまったのです。
変化とは無意識レベルでおきる「感覚の変化」です。

私は視覚を使って大勢の人を見て、そしてざわめく人々の声を聴き、いっせいに向けられた視線を感じ、
身体は緊張してこわばり、声は上ずり、そして頭の中は真っ白に・・・
無意識レベルでおきるからこそ、意識してもその緊張を解きほぐすことはできませんでした。

この場合も五感をコントロールして状態を管理できれば、能力が最大限に発揮できたのではないでしょうか。
NLPではアンカーを使って、瞬時に良い状態を呼び起こすスキルもありますが、それはまた後日ふれていきたいと思います。

サブモダリティーチェンジなどを使う場合に利用したい原理があります。

「私たちは無意識のうちに、ある特定の対象がある感覚に結びついている」

この原理によって、様々な反応、即ちプログラムを動かしています。
つまり感覚に変化をおこさせるには、結びつきを切り離したり、あるいは別のもへとつなげればいいのです。
「つなげる」「切り離す」。これをNLPでは「アソシエイト」「ディソシエイト」といいます。
そして「自分自身の状態をコントロールするということは、焦点を何につなげて、何から切り離すか」とうことになります。

過去に体験した出来事を変えることはできません。
しかし、過去に体験した出来事のイメージは変化させることが可能です。
サブモダリティーを巧みに操り、内的体験(想像上の体験)の変更を行ってください。


イメージ力も繰りかえし繰りかえし、使えば使うほど発達していきます。

「五感を通して世界を認識している」

この言葉から、「五感、サブモダリティー」について、途中「学習の4つの段階」「バックトラック」をはさみ、話を展開していきました。
長くなりましたが、興味深く読んで下さって、ありがとうございます。

(参考書籍)

「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス) Book 「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス)

著者:山崎 啓支
販売元:明日香出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門) Book 実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門)

著者:山崎 啓支
販売元:日本能率協会マネジメントセンター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NLP サブモダリティーチェンジ ~「人」や「チーム」を上手に動かすNLPコミュニケーション術より~

先日、NLPラーニングの「NLPの基本がわかる2.5時間セミナー」に参加してきました。
このセミナーは4月に続き2回目の参加となりました。

同じ内容のセミナーですが、参加者の雰囲気、質問などによって進行の仕方はかなり違っていました。

たまたま2人の参加者からでた別々の質問使い、ぐるぐる話を回し、最終的に今回のセミナーに沿ったひとつの大きな流れになっていました。
「ネストループ」、「脳の空白の原則」などを使い、セミナーを大変興味深くインパクトの強いものにしていきました。

この「ネストループ」は強力なプレゼンテーションテクニックです。

異なるテーマの話を途中で中断しながら並列的に話を進めていく話術です。
一歩間違えば、支離滅裂な話になりますが・・・
上手く使えば、「脳の空白の原則」により、
聞き手の潜在意識に働きかけ、勝手に話の続きを想像させていきます。
聞き手のセミナー中の集中力が途切れることを防ぎ、話に釘付けにします。

山崎トレーナーのセミナーはいつも「ネストループ」の嵐です。

ちなみに今回は比較的穏やかな面が目立った山崎トレーナーでした。
最後に少しだけ熱を入れましたが・・・

そしてセミナーが終ったあと、山崎トレーナーに質問をしました。

「NLPで大切なスキル、ワークってなんですか?」

本質を追及するNLPラーニングですので、こんな小手先の質問はご法度かなと思いましたが・・・
気持ちよく答えてくれました。

「サブモダリティーチェンジとリフレーミング」

今回はこんなところから話を展開していきます。

NLPのスキルは何百とあります。しかし、それは基本のスキルの組み合わせになります。
そして、その基本となるものが「サブモダリティーチェンジとリフレーミング」ということです。

実は、このことは山崎トレーナーの著書にも書いてあります。

「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス) Book 「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス)

著者:山崎 啓支
販売元:明日香出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらの著書の「第5章 変化を作り出すコミュニケーション」のところで、
しっかりと「サブモダリティーチェンジとリフレーミング」を実践してみてくださいと・・・

ところで、私たちはどのように「能力」を発揮しているのでしょうか?

NLPの考えでは「状態が能力を決定する」です。

私は結構、話をするのが好きです。
コミュニケーションも上手くとれる方だと思います。
そして、数人の人の前では、難なく発言できます。

しかし、結婚式などのスピーチでは、あがってしまって、頭の中が真っ白になってしまった経験があります。

この両者では何が違うのでしょうか

外的な変化があり、それが内的状態に変化を与えているのではないでしょうか?

自分が見ているモノ、聞こえてくるモノ、そして身体が感じる雰囲気など・・・

状態が変わったことにより、能力がダウンしてしまったのです。
そして、状態の変化は五感が影響を与えているということになります。

少しまとめます。

状態は五感に左右される、そして能力は状態に左右される。
つまり、五感をコントロールできれば能力を最大限に発揮できます。

状態の変化は能力を最大に発揮するのに必要です。

では、状態を変化させる2つの方法とは?

「五感の質を変える」と「視点を変える」です。

これが「サブモダリティーチェンジ」と「リフレーミング」です。
変化とは「感覚の変化」であり、その変化は「無意識レベル」で起きます。

そして変化はどのような原理で起きるのか?

「つなげる」と「切り離す」
これは「アソシエイト」と「ディソシエイト」といわれます。
私たちは無意識のうちに、ある特定の対象がある感覚に結びついています。
それによって私たちのプログラムは自動的に起動しています。


ここで一つ思い出してほしい「脳の原則」があります。

「快・痛みの原則」です。
これは「脳は快を求めて痛みを避ける」でした。
よりよい変化を起こすのなら、「痛み」から切り離し、「快」に結びつければよいことになります。

さらに、「焦点化の原則」も使います。
「焦点化の原則」とは「意識は同時に2つ以上のことをとらえるのが苦手である、よって焦点化が起こる」というものでした。

そして、「自分自身の状態をコントロールする」ということは、「焦点を何につなげて、何から切り離すか」ということになります。

そして、更に大切なことをひとつ。
「人間は出来事そのものに影響を受けるのではなく、出来事にまつわるイメージに影響を受ける」

この原理は「映像や音の質が変わると、それに反応する感覚の質も変わる」ということを意味します。

ここのところ、ようやく夏らしい天気が続いています。
曇り空と晴天では、同じ景色を見ていても雰囲気が異なります。
そして、自分自身に与える感覚も変わってきます。


話を戻していきます。

このことが「五感の質を変える」、つまり「サブモダリティーチェンジ」につながってきます。

内的体験、つまりイメージにより出来事の印象を変えてしまうのです。
背景をかえるだけではなく、位置、距離、色、動画、静止画、音など、変える要素は無限です。
自分にとって一番大きく変化するポイントを知っておくのもいいでしょう。

優位感覚は人によって違います。
視覚優位、聴覚優位、身体感覚優位。
自分の使っている言葉を詳しく分析すれば優位感覚を発見できます。

優位感覚をうまく使って、実際の出来事のイメージを快に結びつけてしまえば、人生楽しくなります。

「サブモダリティーチェンジ」の重要性についてまとめていきました。

ずいぶん長くなりましたので、「リフレーミング」についてはまた後日。
最後まで興味深く読んで頂き、ありがとうございます。

(参考書籍)

「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス) Book 「人」や「チーム」を上手に動かす NLPコミュニケーション術 (アスカビジネス)

著者:山崎 啓支
販売元:明日香出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門) Book 実務入門 NLPの基本がわかる本 (実務入門)

著者:山崎 啓支
販売元:日本能率協会マネジメントセンター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)