カテゴリー「NLP/リソース」の2件の記事

再び「リソース」について

前回は「リソース」について考えました。
今回も引き続き「リソース」について補足します。

少し復習をします。

「全ての人は既に必要な資源(リソース)をもっている」

NLPのこんな前提の一つから話を拡大していきました。
そして、ここでいう資源(リソース)とは、
目標を達成する為に役に立つものだと考えられているということでした。

「人は生まれながらにしてリソースフル(資源に満ちた)な状態にある」

しかし、人はなかなかリソースに気づいていない。
そこで、「ミルトン・モデル」を使って、思考のブロックを取り去り、
無意識の領域にあるリソースを見つけることによって、目標設定もしやすくなる・・・

と、こんな感じでした。

今回は「リソースに気づいていない」を別の視点から見ていきます。

山崎啓支トレーナーの著書には必ず出てきます、脳の基本プログラム三原則。

・「空白の原則」---------脳は空白を作るとそれを埋めようとする。
・「焦点化の原則」-------私たちの意識は同時に二つのものをとらえるのが苦手である。よって焦点化がおこる。
・「快・痛みの原則」-----脳は快を求めて痛みを避ける。

この中の「焦点化の原則」を使うと、リソースに気づきやすくなります。

今、ここで何が聞こえているかに焦点を合わせてみます。
すると、どうでしょうか。

エアコンや換気扇の音、PCのファンの音など様々な音が聞こえてきます。

今までこれらの音は存在しなかったのでしょうか?もちろん存在していました。
気づいていなかっただけです。

周りの音に焦点が向けられていなかっただけです。

「私たちは普段、焦点を当てているものしか見たり聞いたりできない。」

リソースに気づかないのも、リソースに焦点を当てていないだけです。

「リソースに焦点を当てる」

これはリソースだけに限りません。

以前にも少し触れましたが、私たち人は数多くのプログラムに支配されています。
そのプログラムに焦点を当てるだけでも、随分変わってきます。

「どうしてこのように反応してしまうのか?」

プログラムに焦点を当てて、疑問を抱けば、
次に「空白の原則」が働きはじめます。

そして、無意識がその答えを探し出します。

「あなたは今、何に焦点を向けていますか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「リソースフル」な状態へ導く「ミルトン・モデル」

前回の「シンプルメディテーション」の記事の中でこんな言葉を使いました。

「リラックスした集中状態」

この状態にある時、人は無意識(潜在意識)とのコンタクトがとりやすくなります。

NLPの考えの一つに、こんな前提があります。

「全ての人は既に必要な資源(リソース)をもっている」

ここでいうリソースとは、性格、ものの考え方、知識や経験、能力、
人脈・人間関係など、その人に備わっている全ての内的なものと、
それに絡んでくる外的なものも全て含みます。
さらに、これから手に入れることのできる能力、技術なども含まれてきます。
これらのリソースは自らの目標を達成する為に役に立つものと考えられます。

つまり、人は生まれながらにしてリソースフル(資源に満ちた)な状態にあるのです。

多くの人はリソースに気づいていないだけです。

では、どうやったらリソースに気づくのか。

ここで「リラックスした集中状態」が必要になります。

思考のブロックを取り去り、膨大な領域である無意識を活用します。
ここには自分自身気づいていないリソースに溢れています。

「リラックスした集中状態」をつくり、「リソースフルな状態」を体感する。

こちらの書籍にはWebで、NLPの「ミルトン・モデル」を使った音声ファイルが聴けるようになっています。

図解NLPコミュニケーション練習帳―「なりたい自分」になれる Book 図解NLPコミュニケーション練習帳―「なりたい自分」になれる

著者:木村 佳世子
販売元:秀和システム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もともとNLPでは、クライアント役とガイド役になり、このワークを行います。

1人で行うには、このような音声ガイドを使うのもひとつの方法です。

一度でも体感すると、「リラックスした集中状態」の感覚がわかりやすくなるのではないでしょうか。

ちなみに「ミルトン・モデル」とは、
天才催眠療法家といわれるミルトン・エリクソンの言葉使い等を分析し、体系化したものです。

ミルトン・エリクソンの生い立ちについて、上記の書籍より引用させてもらいます。

エリクソン博士のリソース
エリクソン博士は失読症で六歳まで文字が読めず、
十七歳のとき脊髄性小児麻痺を患い、眼球運動を除く全身が麻痺しました。
けれども、その体験が、独自の心理療法を生み出すリソースとなったのです。
彼は十六歳で辞書の引き方を「発見」するまで、
辞書を冒頭から読んで目当ての言葉を探していたため、膨大な語彙力を身につけました。
さらには、彼は小児麻痺の闘病中、
赤ちゃんだった末の妹が立って歩けるようになるまでの成長過程を観察し、
それをヒントに自らのリハビリを考案・実践し、実際に歩けるようになったのです。
寝たきりの退屈しのぎに家族を観察し、様々な言語パターンも発見しました。
彼は後年、ある研究者に「先生の心理療法の技法は、自身の障害から得られたものなんですね」と言われ、
即座に「それは障害なんですか、それとも財産?」と、問い返したそうです。
この応じ方も含め、コミュニケーションの達人らいしエピソードです。

「ミルトン・モデル」では、潜在意識の深層部にある意図を明確にしたり、
リソースに気づいたりすることができます。
意識(顕在意識)と無意識(潜在意識)とのアクセスを容易に、より深いものにできるという訳です。

では、なぜ私たちはリソースに気づく必要があるのでしょう。

リソースに気づくことにより、明確な目標設定が可能になります。

私はこの「目標」が見つからなく、暗礁に乗り上げた状態が続いていました。
正直まだこの状態は続いているのかもしれませんが・・・

こうしてNLPのことを書いていますが、NLPの本格的なコースをまだ受講できていません。
つまり、ワークを体験できていないのです。

ただし、こんな状況下でも「なりたい自分を発見して、どこまでそこに近づけるか」。

このブログでのアウトプットと共に、それを明確化しければと思っています。

図解NLPコミュニケーション練習帳―「なりたい自分」になれる Book 図解NLPコミュニケーション練習帳―「なりたい自分」になれる

著者:木村 佳世子
販売元:秀和システム
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)